自動車の保険を考える

自動車保険の等級据え置き事故とは?

自動車保険の等級据え置き事故と言う言葉をご存知でしょうか。その名の通り自動車保険で結構出てく言葉のようなのです。では、どういった意味を持っているのか等級据え置き事故の意味について確認して行きましょう。自動車保険の等級据え置き事故とは、端的に居ますと車両保険事故のうち保険金が支払われた場合でも翌年のノンフリー等級が下がらないで、現在の同じ等級のままになる事故の事を指します。

この、ノンフリート等級の下がらない事故と言うのは具体的にはどのような事故を指すのかと言いますと、火災や爆発、盗難、台風や落書きなどの要因によって引き起こされる事故の事を指します。こういった事故ならノンフリート等級も下がらなくて済むようになるのです。

このノンフリート等級とは、保険料の割引率及を算出するための階級みたいなものです。『ノンフリート等級が下がると保険料が高くなるという仕組み』になっています。このように、自動車保険の等級据え置き事故とはノンフリート階級の下がらない事故の事を指すのです。こういった事故は主に災害だとか落書きだとか、火災などが該当します。

自動車の保険を考える関連コンテンツ

自動車保険の選び方
車を購入するだけでも下調べが煩雑で、実際に購入することが決まったら次に自動車保険を選ばないといけない ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ